葬儀を終えてからやること

法要について

法要についての写真

葬儀を春日部市で検討されている方は春日部市での葬儀が好評の葬儀社グランドセレモニーに相談しましょう。
https://www.grandsougisya.co.jp/kasukabe.html

葬儀後の法要、特に四十九日までに準備することをここではご紹介します。

葬儀が終わった後も法要という行事が行われますが、その中でも最も重要な法要の1つが四十九日です。四十九日に向けて準備することは、まずもって菩提寺の僧侶のスケジュールです。僧侶の都合が最優先して日程を決めてください。僧侶の予定が確保できると、次はお食事の手配をしましょう。お寺でお食事ができない場合は、お寺の付近でお食事ができる場所を予約します。お寺の近くであればよく利用される施設がありますので、お寺さんにおすすめの場所やよく利用されている場所を聞くのもよいでしょう。お寺さんの日程とお食事が決まれば、次は出席候補者への出欠確認のための案内状の準備です。出欠の確認は電話やメールなどの方法でも構いませんが、ご年配の方がいらっしゃる場合は案内状でお知らせした方が間違いはおきにくかいもしれません。また、香典返しの準備も必要です。香典返しは当日にお返しするものいいですし、法要後1週間以内に届けようとするならばおよそ2週間前までに品物選びから発送手配まで準備を済ませておくとよいでしょう。

四十九日が過ぎると忌明けとなり、この忌明け法要では、葬儀から使用していた白木の位牌から本位牌への差し替えが必要となります。白木の位牌から本位牌へ魂の移し替えが行われますので、それまでに唐木や漆塗りの本位牌を準備しておきましょう。本位牌は仏具店で購入することができますので、仏壇やその他の仏具を取り揃えるのと同時に注文することが一般的です。なお、仏具店も各所にいろいろありますので、どこを選んだ方がよいかわからない場合はお寺さんのおすすめを聞いておくのがよいでしょう。なお、本位牌をはじめ仏具一式が届くには時間がかかる場合がありますので、余裕を持って法要の2週間前には注文を済ませておきましょう。

法要当日には、遺骨、遺影、位牌(白木の位牌と本位牌の両方)が必要ですので、必ず準備しておきましょう。また、本堂に飾るためのお花とお墓に飾るお花を1対ずつ合わせて2対も準備し、お布施とお布施に添える菓子折り、そして参列者にお渡しするお引き物を準備しましょう。

忌明け法要の当日に納骨式を行うケースが多いので、お墓の準備もしておく必要があります。お墓の形にはいろいろな種類がありますし、墓地にもいろいろあります。お墓選びをされる方は、納骨と埋葬葬儀の後のお墓探しをご覧ください。